奄美大島のおいしい果物をお探しなら、奄美市の老舗青果店 青菜(あおな)

奄美たんかん、奄美マンゴー、奄美パッションフルーツなど奄美大島の旬の果物をお探しなら、この道45年の青菜店長 永田千秋(ちあき兄)におまかせ!

青菜

青菜 店長 永田千秋

千秋兄

僕が青果業に携わったのは、奄美大島で大島紬が活況を呈し始めた頃。永田橋市場で店を開いた当時、名瀬は人口5万人を超え、島中が活力にあふれていました。

地産地消と叫ばれる前から、シマのおいしい青果を、それぞれのご家庭で安心して楽しんで頂きたくて、そんな願いで「青菜」という小さなお店を始めました。

昔から「離島のハンデ」という言葉を耳にするが、僕は違うと思う。

その土地その土地で、精いっぱい生きるなかに喜びがあり楽しみがあり、環境の制約や地域の課題それ自体が、人の心を縛り付けることなどできないと思う。奄美の人々は豊かな心を持っています。

このシマの亜熱帯気候でたくましく育つ青果もまた、そんな奄美ならではの豊かな美味しさを持っています。

当店のお客様は、内地で暮らす子どもや孫に、奄美大島の季節のおいしさを楽しんでほしい・シマを近くに感じて欲しい・シマを忘れないでほしい。そんな想いで奄美の青果を送られる方がほとんどです。僕もまたも飾ることなく、取れたての青果を、そのままのカタチでお送りしています。

子や孫から「ありがとう」と電話を頂いたときの、シマのチャンやオッカンの喜ぶ姿が、僕の喜びです。

僕自身が70歳を迎えた今、あらためて、奄美大島のおいしい青果をみなさんに楽しんで頂きたいという想いを強くしています。最近はめっきり黒糖焼酎にも弱くなりましたが、この青果業だけは生命続く限り、挑戦していきたい。

創業45年を迎えた青菜は、今日も家内と僕がシマの唄を聞きながら、名瀬の街で元気に営業しています。あの人の笑顔、あの子の笑顔を夢見ながら、精いっぱい、シマの果物や野菜を販売しています。

機会がありましたら、ぜひ、奄美大島の青果物をお楽しみください。

奄美市のふるさと納税を応援しています

当店は奄美市のふるさと納税を応援しており、ふるさと納税 謝礼品(返礼品)の協力事業者として、奄美市(笠利町、名瀬、住用町)で収穫できた果物を提供しています。

奄美マンゴー

故郷・奄美市を元気にするふるさと納税は下記をご参考ください。

青菜では、ご希望の方へは奄美の果物を販売していますので、お気軽にお電話(TEL:0997-52-9746)でご確認ください。産地直送で、シマの果物・野菜をお送りします。

名瀬の商店街(名瀬街商店街)にお越しの際は、ぜひに当店へお立ち寄りください。当店で始めた焼き芋は甘さとコクがあって名瀬街でおいしいと評判なんですよ。

奄美大島産 お取り寄せできる青果カレンダー

青菜
たんかんマンゴー時計草ぽんかんすもも
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

営業情報/交通アクセス

奄美関連リンク

ページのトップへ戻る